愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

 

 

夏特が始まり1週間が経ちました。初日は、どんな友達がいるのか楽しみなのと、少し不安も抱えながら登園してくる姿が見られました。しかし、少しずつ慣れると違うクラスの友達を誘って、園庭で絵の具やままごとをして遊ぶ様子が見られています。リトミックやレクリエーション、クッキングなど毎日様々な活動があり「今日は、何があるの?」と子ども達も毎日楽しみにしている様子が見られています。そこで、今回は"園外保育"に行ってきました。観望会をきっかけに、星や月について興味をもっている子ども達とコミュニティセンターのプラネタリウムを観に行ってきました。

 18_engai(1).JPG

18_engai(2).JPG


18_engai(3).JPG

 

「今火星が地球に近づいてきているんだけど見えた人?」と学園長先生からの質問に何人かの子ども達が手を挙げていました。そこで、「火星についても勉強してきてね。」と言う課題をもらいバスに乗って出発しました!バスの中では、太陽や各惑星について振り返りをしたり、歌をうたったりして楽しみながら着くまでの時間を過ごしました。

 18_engai(4).JPG

18_engai(5).JPG

 

プラネタリウムに到着し、椅子に座ると、「映画館より大きい。」と上を見上げている姿が見られ、始まると興味津々に見ていました。内容は、ピーターパンがやってきて宇宙へ冒険をすることになり出発。そこで太陽系の各惑星(水星、火星、木星、土星)を訪れ、一緒に学んでいくお話でした。観望会や今まで目にしたことのある惑星をみると、「あれは木星だ。」「あれは水星。」と自信満々に答えている姿も見られました。そして、木星の中には雲のようなガスがあったり、火星は地球と似ている部分がたくさんあることを知ったりと新しくわかったこともたくさんあったようです。子ども達の中で、もしかしたら、ピーターパンのように宇宙に行く子が現れるかもしれません。

 18_engai(7).JPG

 

毎度、お馴染み"えっちゃん"こと武知悦子さん。

今年度も夏特の絵本講師として来て下さいました。

 

毎月のお話集会に来て下さっているえっちゃんに

「えっちゃん、やっほー。」

「今日もピッコーンのやつ(自己紹介のパネル)持って来てる?」と声を掛ける子ども達。

思わず、「友達!?」とツッコミそうになりました。

 

いよいよ、お話会の始まり。

子ども達が楽しみにしていた自己紹介パネル。

18_ehonshou1.JPG


18_ehonshou2.JPG

「ピッコーン♪」という合図にパタパタとめくられるパネルが子ども達は大好きみたいです。

 

最初のお話は、【たこかいな】

タコツボに入っているのは・・・たこかい?たこかい?と思いきや"な"から始まるものばかり。

「なべ」「なぽりたん」最後はイカがでてきて「なかま」ときました。

18_ehonshou3.JPG

18_ehonshou4.JPG

「えーっ!」と驚いたり、たこみたいに口を尖らせたりしていましたよ。

 

次のお話は、【かみなりどんがやってきた】

おへそを取るのが仕事のかみなりどん。子ども達は、歌に合わせ踊りながら見ていました。

話に出て来る子どもがおへそを取られ、そのおへそがバター焼きになるのを見て

慌ててシャツをズボンの中に入れる子ども達。

おへそを隠さなきゃと思ったようです。

18_ehonshou5.JPG

18_ehonshou6.JPG

 

次はとても怖いお話【こわめっこ】

おばけがたくさんでてきて怖い顔。

ゾンビが「んびぃぃぃ」と出てきたり、魔女が「ひぃぃぃぃ」と出てきたり・・・。

子ども達は「あはは!おもしろい」と笑っている・・・?

いや、顔がおもいっきり引きつっていました。

中には、顔を隠して見ないフリをしている子もいましたよ。

18_ehonshou7.JPG

18_ehonshou8.JPG

 

さっきとは違って美味しいお話【バナナするん】

バナナが♪するんと皮を剥くと「ウィンナー」次に♪するんと皮が剥けると「ソフトクリーム」

なかなかバナナが出てきません。

苦いゴーヤのつぎにやっとバナナが登場。

子ども達は自然に食べる真似。「おいしい♪」と嬉しそうでした。

18_ehonshou9.JPG

 

最後は【からすの手袋シアター】

左手には5匹の子ガラス。右手にはお母さんガラスがいます。

子ガラスはお母さんガラスを待っています。

やっと帰ってきたお母さんガラスは、子ども達を抱きしめ寝かしつけました。

お母さんガラスの羽の中で眠りにつく子ガラスたち。

しかし・・・

 「眠くない・・・眠くない!眠くない!」と次々に起きてきます。

お話をしたり、子守唄を歌ったり、お母さんガラスも優しく寝かしつけますが、

最後は「早く寝なさーい!」と怒られていました。

18_ehonshou10.JPG

18_ehonshou11.JPG

子ども達は繰り返しの「眠くない」に大笑い。

18_ehonshou12.JPG

 

この日は、きっとお家でも「眠くない!」とお母さんを困らせているかもしれませんね。

 

最後の最後は【ぐりちゃんの登場】

えっちゃんのパートナーといえば、ぐりちゃん。

18_ehonshou13.JPG


18_ehonshou14.JPG

 

なんとえっちゃんとぐりちゃん。

8月11日に海を守ろうというチームに入って松山祭りに参加するそうです。

ご都合のいい方はぜひ、えっちゃんとぐりちゃんを応援してあげて下さいね。

「おかえり」「久しぶり」「ただいま」

などの挨拶を交わしながら昨年度の卒園児が来てくれました。

4カ月ぶりの再会です。

 

登園バスに乗った子ども達は

「なんか(座席が)小さい!」

「小学校は歩いて行かんといけんけん、楽ちん~♪」

と懐かしんでいました。

 

お母さんと来た子ども達は

「行ってきます!」と満面の笑み。

お母さん達は「幼稚園の時は泣いていたのに・・・。」と

成長を感じているようでした。

 

久しぶりの友達や先生との再会に

少し緊張していた子ども達。

在園していた時に遊んだ

ままごと、色水、シャボン玉、鬼ごっこなどをしているうちに

あっという間に年長さんに逆戻り。

 18_dousoukai12.JPG


18_dousoukai2.JPG

 

「一緒にハンバーグ作ったよね?」

「シャボン玉を飛ばすの○○くんが上手だったよね。」

と当時を思い出しながら思いっきり遊んでいました。

 

先生たちも久しぶりに会った喜びを爆発させており、

「うわぁー!○○ちゃん、久しぶり。」と抱きしめていました。

 18_dousoukai3.JPG

 

片付けも最後まで一生懸命行いました。

18_dousoukai4.JPG


18_dousoukai5.JPG

 

 

自由遊びの後は、お泊り保育でも行った北条"ぶんかのもり"へ

ここでは、スタンプラリーをしました。

 

「文字の並べ替えクイズ」や「先生たちの中で1番背が高いのは?」という問題だけでなく

「9-4=□、4+3=□」という算数の問題や「"ど□そうかい"□に入る文字は?」という国語の問題など小学生ならではのクイズもありました。

 

18_dousoukai6.JPG


18_dousoukai7.JPG


18_dousoukai8.JPG

 

あっという間に解いていく子ども達。

文字を書くのも随分と上手になりました。

計算も手を使わずにあっという間に解いてしまいました。

 

友達が困っていると一緒に考えてあげたり

「一緒に行こう。」と誘ったりと、大きな成長をたくさん見せてくれたりしました。

 

朝の緊張していた表情とは大違い。

いきいきとした表情で広い公園を走り回っていました。

 

 

たくさん動いたので、お腹もぺっこぺこ。

次は、サンサンに行き昼食です。

昼食のメニュー【鯛めし・サラダ・プチトマト・かまぼこ・鯛のお刺身】です。

 

「お泊りでも食べたよね!」

「わー!豪華。よだれでちゃう。」と目の前の食事に釘付けです。

 

さすが小学生。

食べっぷりも立派です。

18_dousoukai9.JPG

 

18_dousoukai10.JPG

おかわりを何度もしてあっという間に完食。

「おいしかった!」と大満足だったようです。

 

台風の影響で海遊びはできませんでしたが、善応寺やモンチッチ海岸などにバスで向かい思い出の地巡りをしました。バスの中では小学校のことを教えてくれたり、こども園の時に歌っていた歌をみんなで歌ったりしながら盛り上がりました。

18_dousoukai11.JPG

 

迎えにきてくれたお母さん達に「楽しかった!」と

ニコニコで報告している姿が印象的でした。

 

また、いつでも帰ってきてね。

先生たちは、君たちがさらに大きく成長するのを楽しみにいますよ。

<お泊り保育 【2日目】①>

朝の陽ざしが窓から差し込むと、子ども達は次々と起きだしました。

夢の中でも賑やかだった子ども達。

寝ていたはずの布団から飛び出したり、友達にくっついたりと

寝癖が昨夜の寝相を物語っています。

 

布団やシーツを畳むのもお手のもの。

大きい布団も「そっち持って」「"せーの"でしよう」と

友達と一緒なら楽ちんです。

 18_otomari2_1.JPG

 

パジャマから私服に変身したあとは、園庭でラジオ体操。

深呼吸をすると、朝の心地よい空気が身体にスーと入り

寝ぼけていた子達もパッと目を覚まします。

 18_otomari2_2.JPG


18_otomari2_3.JPG

 

朝ごはんの準備ができるまで、1学期に植えた夏野菜の水やり。

1日目で食材への感謝の気持ちや作る人の苦労を知った子ども達。

「大きくなってね。」「美味しく食べるね。」とたくさん水をやりました。

 

 

そのまま、朝の柔らかい空気を吸いながら園庭で朝食。

朝食のメニューは

 【帽子パン・バナナ・フルーチェ・牛乳】とお腹に優しいメニューです。

 

パンの袋が開けられない友達にすぐさま気づき、「あけてあげる。」と優しく声を掛けている男の子。

助けてもらった子も「ありがとう。(開けやすいように)これ持ってるね。」とお互いを考え合っていました。

 18_otomari2_4.JPG

18_otomari2_5.JPG

 

次が、いよいよお泊り保育最後の活動です。

どんなことが待っているのでしょうか?

                                 【続く】

 

 

<お泊り保育 【2日目】②>

バスに乗り込み、向かうは"えひめこどもの城"。

先日の大雨で土砂被害にあったこどもの城。

当初、予定していたエコハウスでの活動は土砂崩れに巻き込まれました。

それでも、スタッフの方が活動内容を一生懸命考えて下さり"紙漉き体験"をしました。

 18_otomari2_6.JPG

 

ちぎった牛乳パックを水に溶かし、型に流し込んで水を切ります。

その後レンジで温めると、紙が出来上がりました。

 

 

子ども達は「なんで?」と不思議を見つけていました。

 

もう一方のチームは事前に紙漉きで作ったハガキに手紙を書きました。

お母さんに日頃の感謝を書く子。お父さんの仕事を応援する子。

兄妹にお願いを書く子。おじいちゃんおばあちゃんに大好きと書く子。

自分の身近な人たちに日頃の思いを書きました。

18_otomari2_7.JPG

 

住所シールを先生たちに貼ってもらい、切手は自分達で貼ります。

しかし、なかなか貼り始めません。

「ん?どうしたの?」と聞くと「のりがない。」と困り顔。

先生たちも大笑い。

「切手の裏にはのりがついていて、ペロッと舐めるとのりが出てきて貼れるんよ。」

と伝えると、恐る恐る舐めていました。

 

今は、メールやSNSなど簡単でやりとりができる時代です。

その中で、誰かに伝えたい思いを自分の手で文字を書いて伝えるという経験は

とても貴重な経験でした。

最後は、みんなでポストにIN。

18_otomari2_8.JPG

 

届く日を楽しみにしていてくださいね。

 

                             【続く】

 

 

<お泊り保育【2日目】③>

メインの活動が全て終了しました。

最後は、園に戻って2日間の振り返りです。

 

お泊り保育最後のご飯は

 【わかめごはんのおにぎり・マカロニサラダ・ウィンナー・トマト】です。

 

最後の食事を楽しみ、いよいよ降園の時間。

2日間にどんなことがあったかを振り返りながら、スライドを見ました。

 

 

この2日間で、心がずいぶんと成長しました。

 

「命をいただく」、「周りの人たちが支えてくれる」

「自分達で生活を作り上げる」、「友達がいてくれる」

たくさんの事が、自分達を強くしていることに気付くことができました。

 

1日目とは違い、すっかり凛々しくなった顔つき。

お迎えに来たお母さん達も子ども達の立派な姿と

心配が安心に変わったのとで目に涙を溜めています。

 

「おかえり!」「ただいま」と

親子で抱き合う姿に先生たちも心がホッコリ。

 

色々なことを経験したお泊り保育。

この2日間の経験が子ども達の生きる力になってくれることを信じています。

今後も一緒に成長していこうね。

 

【Fin】

<お泊り保育 【1日目】①>

いよいよ始まりましたお泊り保育。

先生たちのドキドキとは裏腹に

「行ってきます!」と元気にお部屋に向かっていく子ども達。

そんな頼もしい子ども達の後ろ姿を

少し寂しそうに見送る保護者の方々が印象的でした。

 

 

荷物の確認を済ませ、開会式に臨みます。

さすが、年長児。

これからの活動について期待を膨らませながら

真剣に話を聞いていました。

18_otomari1.JPG 

18_otomari2.JPG

 

バスに乗り込み、いざ北条へ!

まずは、ふるさと館 文化の森 でスタンプラリーです。

北条独特の心地よい海風が暑さを吹き飛ばしてくれ、

子ども達も伸び伸びと遊んでいました。

 

"文字の並び替え"や"先生たちの中で1番背の高いのは?"など

全部で5問のクイズをグループで協力して解いていきます。

 18_otomari3.JPG

 

グループで協力し合い、次々とクイズに正解していく子ども達。

文字を書くのが苦手な子を「書いてあげる。」と手伝ったり

「○○かな?」「△△かも!」と話し合ったりする姿に大きな成長を感じました。

 18_otomari4.JPG


 18_otomari5.JPG

他にも自分達が描いた父の日の絵を見て振り返ったり、

18_otomari6.JPG


素敵な写真にうっとりしたりして、

18_otomari7.JPG


ふるさと館 文化の森での活動を終えました。                

   

【続く】

<お泊り保育 【1日目】②>

ふるさと館を後にして

次は昼食会場となる老人介護施設サンサンに向かいます。

たくさん遊んで、お腹が空いたようで

バスの中ではグーとお腹の音が聞こえていました。

昼食のメニューは・・・

 なんと【鯛めし・サラダ・プチトマト・かまぼこ・鯛のお刺身】という豪華なラインナップ。

 18_otomari8.JPG


18_otomari9.JPG 

たくさんおかわりをして、お腹を満たしたのは子ども達だけではありません。

「普段、鯛のお刺身なんて食べられない!」と先生たちも負けない位、食べました。

鯛や野菜などの食材や作ってくれた人たちへの感謝の気持ちを持って完食。

 

お腹も大満足したところで、次は海にLet's go

と、その前に学園長先生から紙芝居のプレゼント。

その名も"うみのみずは、なぜ からい?"

 

主人公の若者が神様たちから不思議な臼をもらいました。

その臼を「もちがほしい」と願いながら右に回すとあら不思議。

どんどんもちが出てきます。止めるときは、左に回せばOK.

その噂を聞きつけた泥棒が若者から臼を盗み、舟で逃げました。

泥棒たちは臼で出したあんもちをたらふく食べた後、口直しに臼から塩を出します。

しかし止め方が分からず、どんどん塩は溢れていきます。

塩でいっぱいになった舟はどんどん沈んでいき、

今では海の中で臼だけが塩を出しながら沈んでいるというお話です。

 

子ども達は、「えー!?」と驚いたり、

「あはは!おもしろい!」と笑顔になったりしながら

紙芝居を見ていました。

 18_otomari10.JPG

 

海に向かう途中、「ほんとに臼があったらどうしよう。」

「私たちは止め方知っとるけん、大丈夫。」という会話が聞かれ、とても微笑ましかったです。

 

                                    【続く】

 

 

 

<お泊り保育 【1日目】③>

海では暑さを忘れて、思い切り楽しみました。

ほっぺたをペロッと舐めて「からーい!」と驚いたり、

「大きい貝!」と貝殻を見つけたりしていました。

 18_otomari11.JPG


18_otomari12.JPG


18_otomari13.JPG

 

満潮でしたが波も穏やかで子ども達は大はしゃぎでした。

 

たくさん遊んだ後は、サンサンに戻ってスイカ割り。

各クラス代表の子ども達4人が、

担任の先生の「右!」「左!」という合図を聞きながら

ゆっくりとスイカに向かっていきます。

見ていたサンサンの利用者さんたちも手を叩いて応援。

しかし、スイカに当たりはするものの、子ども達の力だけでは割れません。

 18_otomari14.JPG

 

そこで、担任の先生たちが登場。

 

しかし、それでも割れないスイカ。

ここで頼もしい助っ人登場。

体操教室でお世話になっている得能先生です!

 

 

ぶぉん!と棒を振り下ろすと、スイカは見事にパカッ!

割れると同時に子ども達は大歓声を挙げました。

 

火照った身体を冷ますようにと

甘くてジューシーなスイカをこれまた見事に食べきりました。

 18_otomari15.JPG


 

                                 【続く】

 

<お泊り保育 【1日目】④>

次に向かった先は温泉施設シーパ。

海の見える露天風呂で遊び疲れた身体を癒します。

 

自分たちで体や頭を洗うだけでなく、

自分では届かない部分を友達と洗い合っていました。

 

温泉後は、ポカリスウェットを飲んで身体を休めます。

「染みる~」と言わんばかりにプハッと一息。

 

楽しくてあっという間の時間。

子ども達は「楽しかった!」と大満足で北条をあとにしました。

 

思い切り遊び、身体も心も温泉で癒され

十分にリラックスしたのか、バスの中では「zzZZ」とウトウト。

18_otomari17.JPG


行きのバスの中の賑やかさが嘘と思う位の静けさでした。

 

 

園に帰ったら、ご飯担当の先生たちが一生懸命準備してくれた夕食。

夕食のメニューは

 【おにぎり・そうめん・鶏肉の胡椒焼き・キュウリとウィンナー串・卵焼き・アセロラゼリー】と盛りだくさん。

 

おにぎりの具は自分達の好きな物を選びます。

「サケが好き!」「俺は、ツナとそぼろのミックス!」と

嬉しそうにおにぎりを作っていました。

 18_otomari18.JPG


18_otomari19.JPG

 

夕食後、友達と協力し合いながら、自分達で布団を敷き

18_otomari20.JPG


パジャマに着替え、歯磨きを済ませて

18_otomari21.JPG


ワクワクしながら屋上に向かいました。

                                    【続く】

 

 

<お泊り保育 【1日目】⑤>

お泊り保育1日目も残すは観望会とおもしろ実験のみです。

3Fホールに集まり、観望会に期待が持てるように

                の絵本を読みました。

 

その後、東亜天文学会と星の会の方々に来て頂き

屋上に移動して月と金星を見ました。

 

先日、園で七夕会をして織姫と彦星が星だということを改めて認識した年長さん。

星に対する興味関心も強く、望遠鏡越しに見える月や金星を真剣に見つめていました。

 

18_otomari22.JPG

 

おもしろ実験は「塩の実験」

お昼に読んだ紙芝居通り、海には本当に塩があるのかを実験。

しかし、持ち帰った海水には砂が入っており大慌て。

でも大丈夫!学園長先生がろ過の方法を教えてくれ

濁っていた海水が綺麗になっていきました。

これには子ども達も先生もびっくり!

18_otomari23.JPG

 

煮詰めると、フライパンが真っ白。

白い粉を削りとって舐めてみると・・・

「しょっぱーい!!!」「ほんとうに塩だ!」と口をすぼめながら言い合っています。

「本当に臼があるかも!」「えーっ!」と大騒ぎでした。

18_otomari24.JPG

 

盛りだくさんの活動はまだまだ終わりません。

8時40分頃にはISSがこども園の上空を通過し、

子ども達は「星が動いているみたい」「すごーい!」

とキラキラして目で夜空を見上げていました。

 

こうして、充実した1日が終了しました。

子ども達はどんな夢を見ているのでしょうか?

先生たちも交代で子ども達と一緒に夢の世界へ・・・     

しっかり寝て、次の日に備えました。                    【1日目終了】

 

7月になり、暑い日が続くようになりました。そんな暑~い日本の夏の風物詩といえば、すいかわり。天気はあいにくの雨でしたが、ホールでダンスやゲームなど、体をいっぱい動かしてからすいかわりを楽しみました。汗をかいた後、たっぷり水分を含んだすいかを食べて、しっかり水分補給をしました。

18_suika11.png 


朝登園したときから「今日はすいかわり!」と、みんなやる気十分。タライに氷を入れて冷やしたすいかを見つけると、「大きいね」「触ってみてもいい?」と、わくわくした様子を見せてくれました。

18_suika12.JPG 


「まずはみんな大好きエビカニクス♪踊っていっぱい体を動かしたよ!」

18_suika13.JPG




「絶対勝つぞ!」

エビカニクスを踊って体をほぐした後は、フラフープの電車リレー対決!公開保育の綱引きはひまわり組の勝利でしたが、今回は果たして・・・?どのクラスも絶対勝つぞ!と一生懸命走り、「がんばれ!」と応援し合って取り組んだ結果、接線の末に優勝したのはもも組でした。勝ったクラスも負けたクラスも、全力を尽くしたのでみんな汗びっしょり。暑い体を冷やすべく、次はお待ちかねのすいかわりです。

18_suika14.JPG 


18_suika15.JPG

目隠しをして、ぐるぐる回って・・・ふらふらになりながらすいかを目指して歩き始めます。「ちがーう!」「僕達はすいかじゃないよ~」なんてハプニングもありつつ、「もっとみぎみぎ、そうそこ!」と声を掛け合い、見事命中。ですが、ひびが入ったまま割れません。そこで最後は先生達も参加し、ふらふらになりながらも、ぱっくりと二つにすいかを割ることができ、大歓声が上がりました。

18_suika16.JPG 



食べたすいかはよく冷えていて、

「あー・・・冷たくておいしい~!!」

と、みんな幸せそうな顔。体の汗がすっとひいて、暑さがやわらぎます。「甘くておいしいね」「黒い種と白い種がある」「皮もつけものになるんだって、すごい!」と話しながらすいかを味わい、思い切り楽しむことができました。

18_suika17.JPG

最後の掃除までばっちりの年中児さんでした。

暑い日が続いていることもあり、夏本番がやってきました。

そんな日にぴったりの7月の大イベントいえば、すいかわり!

天気にも恵まれ、青空の下ですいかわりを行うことができました。


まずは準備運動で「エビカニクス」を踊りました。

もう踊りは完璧です!!

18_suika1.JPG


すいかわりの前にシャボン玉博士が大きなシャボン玉を見せてくれました。

お見事!!たくさんのシャボン玉を作れることができ、拍手をしました。

そして、みんなもシャボン玉に挑戦していきます。

「わぁ、いっぱいできたよ」とたくさんできたことに感動していました。

そして、

さあ、いよいよすいかを割っていきます。

担任の先生が目隠しをして順番に割っていきました。

子ども達は「頑張れ~!」と応援してくれました。

そして、子どもたちの応援のおかげで見事に大きなすいかを割ることができました!

「やった~!割れたよ!」「すごいね」と子ども達、先生達も大盛り上がりです。

18_suika2.JPG


お待ちかねのすいかを食べる時間です。

クラスごとに集まって輪になって「いただきま~す!!」

18_suika3.JPG


「甘くておいしいね」「種がいっぱいあるよ」と味わって食べることができました。

すいかには水分がたくさんあって、お茶や水の代わりに水分補給ができることも

知ることができました。

おかわりがたくさんあり、甘くて美味しいすいかで1人が何個もおかわりする子もいました。みんな食べるスピードがとても早かったです!!

今月も子ども達が大好きな、みちこ先生とみずよ先生が来てくれました。

まず初めにベートーベンの楽曲の演奏をしてくれました。ベートーベンは3歳からピアノを初め、5歳で作曲を、6歳でコンサートを行う程の腕前だったそうです。

その話を聞くと、「自分達と同じ年齢だ!」「すごい!」と驚く姿、「そんなことも出来るんだ」と感心する姿が見られました。

 

さっそく音楽集会のスタートです。


18_7ongaku (1).JPG

 

まずは、全身を大きく使って発声練習。『かきごおり~おいしいな~』と声を出しました。

回数を重ねるごとにどんどん歌声が綺麗になっています。


18_7ongaku (2).JPG

 

そして次はリズム遊び。

前回の宿題であった4拍子に挑戦。「いち、に、さん、し」と数えながら膝や手を叩きました。また、アイスクリームの歌やさんぽの歌に合わせてリズム遊びを楽しみました。


18_7ongaku (3).JPG

 

次にこども園の先生達のお話。


18_7ongaku (4).JPG


もうすぐ7月7日の七夕。織り姫と彦星が無事に出会えるようにと願いを込めて、たなばたの歌をうたいました。そして、宇宙についてとても詳しい宇宙博士の登場!みんなでロケットに乗って宇宙へ出発!たくさんの星に出会いました。

 

織り姫と彦星は『星』だということ、天の川を通ることで出会えるということを教えてもらいました。織り姫・彦星・白鳥の星を繋げると『夏の大三角』に。

是非お子さんと一緒に夜空を見上げて見つけてみてくださいね☆

 

楽しい時間を過ごした最後には、みんなでさようならの歌をうたいました。

次回は3拍子で遊びます♪また来月も楽しい音楽集会にしたいと思います。

今月もみちこ先生の歌、みずよ先生のピアノを聴かせて頂きました。

ピアノの音が鳴ると、ピタッと静かになる子どもたち。素敵な演奏や歌声に魅了され聴き入っていました。

18_6ongaku(1).JPG

綺麗で大きな歌声が出るようにみんなで発声練習をしました。足はこぶし分開くと言われ、一生懸命立ち方を意識する子どもたち。手は横にして発声練習をすると大きな声がたくさん出て気持ち良かったです。

18_6ongaku(2).JPG 

18_6ongaku(3).JPG


全身を楽器のように叩いてリズムをとって遊びました。ウンタンウンタン...♪リズムにのれるようになると自然と体が揺れたり自信を持って歌えたりして楽しそうな様子。体を揺らして歌うと明るい気持ちになりますね。

18_6ongaku(4).JPG 

「かたつむり」や「あめふりくまのこ」の歌を歌いながら、2拍子で遊びました。いつも歌っている歌でもリズムをとって手拍子を入れるだけで雰囲気が変わります。友達と一緒に微笑み合いながら楽しく過ごせました。次回のリズム遊びは4拍子です。クラスでも様々な曲に合わせて挑戦していきたいと思います。

18_6ongaku(5).JPG 

18_6ongaku(6).JPG


18_6ongaku(7).JPG

 

ちびっこかたつむりの絵本を見ました。雨の季節になるとかたつむりやかえるをよく見かけますよね。そして音楽集会の日が梅雨入りでした。みんなでかたつむりを探したり雨の日ならではの遊びをしたりして雨の日も楽しみたいと思います。

 18_6ongaku(8).JPG

かたつむりは雨が嫌い?!

梅雨の時期よく見かけるかたつむり。

実は水中では呼吸が出来ないため、雨が嫌いなんです。なぜよく見かけるかというと、溺れないように必死に逃げているところを私たちが見つけているんですよ。子どもたちに伝えると、「そうだったのか...」となるほどな顔。

今度は子どもたちと一緒に調べてみたいと思います。

カレーパーティに向けて、年長さんはアルムの里で玉ねぎを、年中さんはじゃがいもの収穫をしました。収穫したての玉ねぎを始めて見た子ども達は、「こんなに根っこって長いんだね。」と驚いていました。また、「固くて抜けない。手伝ってー!」の声が聞こえると、すぐに駆け寄り「せーの!」と息を合わせて協力する姿も見られました。たくさん採れた玉ねぎ。残りは石畳に吊るしています。

18_curry(1).jpg 

 

 

一方、じゃがいも堀りに挑戦した年中さんは、事前にじゃがいもの育ち方を勉強していたため、葉っぱを抜くと、一生懸命に土の中を掘って次々に出てくるじゃがいもに大喜び!大きなものから凄く小さいものまで様々な大きさのじゃがいもを掘っていました。実はこのじゃがいも...今年1年生になったお兄さんお姉さんが種イモを切って植えてくれたもの。「ありがとう。」の気持ちを込めて、楽しく収穫をしました。

 18_curry(5).jpg

未満児、わかば、年少組は園の隣の畑へ。なかなか抜けないこともあったけど、「よいしょ!」の掛け声を出しながら、一生懸命収穫を頑張りました。

 18_curry(15).JPG

 

収穫体験をした後は、先日園に遊びに来てくれたヤギの親子に会いたいねという事で、川を渡り、長い坂を登り会いに行ってきました。「元気だった?」など話しかけながら再会できたことを喜びました。

 18_curry(6).jpg

 18_curry(14).jpg

18_curry(13).jpg


いよいよ待ちに待ったカレーパーティー当日。子どもたちも、「今日はカレーだ!」「お野菜切るんよね。」と意気込んでいました。登園してきた子から、朝の支度を素早く済ませて、スモックを着ていざ料理開始!普段のままごと遊びの中で、本物の野菜を切っている年長さんにとってはお手の物。初めて包丁を使う園児は「猫の手」を意識して、お母さんたちに手伝ってもらいながら慎重に切ることが出来ていました。

 18_curry(7).jpg

18_curry(9).jpg


18_curry(16).JPG

18_curry(11).jpg

年長さんは、マカロニサラダとオレンジゼリーも作りました。その数なんと、400個程。

マカロニサラダを作る鍋の大きさに初めは驚いていたけど、みんなで力を合わせるとあっという間に終わりました。

 18_curry(2).JPG

 18_curry(3).JPG

 18_curry(17).JPG

その後は、みんなでホールに集合!サラダやゼリーの作り方の振り返りを年長さんが発表してくれました。野菜の栄養素や、食べ物や周りの人への感謝の意味を込めて「いただきます」をしましょうという話をみんなで聞き、カレーの歌を歌いました。 

最後はみんなで作ったカレーを食べます。感謝の気持ちを込めて、「いただきます」。自分たちで作ったカレーの味は格別だったようで、残食はありませんでした。先生たちもみんなが作ったカレーをいただきましたが、みんなの愛情がたくさん詰まっていて、とても美味しかったです。これからは夏野菜がたくさん採れる時期になります。また美味しい料理をみんなで作って食べたいと思います。

アーカイブ

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31